一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





元々、西成萩之茶屋に店舗があった立ち呑み店。
私も何度も行ったことがあり、お気に入りのお店でした。
そちらのお店がなんと、ミナミへ移転されたんですね。
萩之茶屋の時も異風を放つ立ち飲みであったので、
どんな感じになっているんでしょうか。
本日の1軒目、立ち飲み 音呑庵(おんどあん)です。

立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

場所はちょうどドンキホーテの西側のビル。
お店は地下にあります。

その店内の雰囲気。
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

道頓堀川沿いからも入り口があり、そこからも入れます。
今時のお洒落な小綺麗な立ち飲み屋さん。
ただ、萩之茶屋当時の面影は残していると思います。

メニュードリンク。
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

定番。
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

もう1枚。
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

さすがに少し値段は、土地代分は上がっているかな。
ただ、寿司があるのが特徴なところは変わっていません。

とりあえずの生ビール[300円](^^)
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

春先にも関わらず、めっちゃ暑かったので、
このキンキンに冷えたビールが堪らなく旨い。

さーて、本日のおすすめ品は何あるんだろ?
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

500円を超えるものもなく、私が特に惹かれたのは、
ビーフシチュー(480円)やトルティーヤ(230円)といった洋物系。
繋がりもある「難波屋」のトルティーヤも、大好きやからな。
西成萩之茶屋「難波屋」の記事はこちら!


その日のおすすめから選びました。
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

春先にしか食えないものをと、のれそれポン酢(380円)に。
海鮮珍味好きな私には、大好物です。
このにゅるんとした喉越しがええね~♪

生2杯空けたあと、もう少しビールが欲しい。
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

コロナ(400円)があったんでそれを。
このクセのある軽い味、たまーに、無性に呑みたくなるんよね。

あと、「自家製」と書いて、ネタケースにあったんで・・・
立ち飲み 音呑庵(大阪難波ミナミ)

手作りおあげさん(200円)を焼いたの。
ふんわり揚げられている豆腐。
サクッと焦げ目をつけて焼かれており、こういうの大好き。

さすが音呑庵・・・こっちに来ても変わらないですね。
ただ、西成のあの地区に異彩を放っていた雰囲気が、
この店の特徴やったんです。
それがミナミに来てしまうと、他の乱立してきたミナミ立ち飲み店と、
雰囲気、差がないんですね。
その点、萩之茶屋で頑張って欲しかったかなとも思います。

さあ、次行きましょうか。
こちら別ブログですぐに続きます。

住所:大阪市中央区宗右衛門町7-13 日宝レインボービルB1F
電話:06-6214-2414
営業時間:16:00~23:00
定休日:月曜日
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ