一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





ホテルで目覚めて、外を眺めるものの、まだしとしと小雨。
う~ん、今日もどうやって過ごすかな~と思案。

とりあえずは、チェックアウト10時までホテルに滞在して出発。
まだまだ続く雨 北海道養老牛~摩周湖~屈斜路湖~川湯温泉KKRかわゆ(東日本応援車中泊旅40日目)

養老牛の名のとおり、乳牛が多いです。

雨もやんできたので、とりあえず最初の目標どおり摩周湖に向かいます。
けど、やっぱり・・・

まだまだ続く雨 北海道養老牛~摩周湖~屈斜路湖~川湯温泉KKRかわゆ(東日本応援車中泊旅40日目)

とんでもない霧です。
こんな天気だからか、有料の駐車場も風俗の呼び込みのように、
こっちへ入れと手招きしてきます。
そんななんも見えない所に停めてもね~

摩周湖はそのままスルー、もう一つの湖、屈斜路湖へ。
まだまだ続く雨 北海道養老牛~摩周湖~屈斜路湖~川湯温泉KKRかわゆ(東日本応援車中泊旅40日目)

こっちは、こんなにすっきりした風景やのにね。

屈斜路湖は私、以前、北海道に来た時も、
私にとって一番、落ちうけた場所です。
この地で、ゆっくり過ごすことにしました。

で、この日も実はホテルを予約済み♪
まだまだ続く雨 北海道養老牛~摩周湖~屈斜路湖~川湯温泉KKRかわゆ(東日本応援車中泊旅40日目)

この旅、唯一の3連泊を実行したんです。
道東の温泉地は非常に泉質がいい印象があったので、
その泉質のよさを重視して選んだ3軒目は川湯温泉。
「KKRかわゆ」に宿泊しました。
それも素泊まりではなく、1泊2食付での3連泊と張りこみました。
といっても1泊平均7000円ちょっとなんですけどね(^^;)
まあ、楽天トラベル様様です。

旅も後半に差し掛かった所で、ゆったり落ち着ける時間でした。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
この日、ホテルの寝床で目覚めると、バラバラと雨の音が聞こえます。
もっと6月の北海道は、天候のいい日が続くかと思っていたんですけど、
結構、雨がぱらつく日が多いですね。

知床を出発。
しっとり雨模様 北海道知床~ホテル養老牛(東日本応援車中泊旅39日目)

オホーツク海も雨模様が続きます。

雨が降ると、外での行動が億劫になりますよね。
ただ、この点、晴れ男のわたくしめ(^^)
実は、ここの期間、連泊にしてたんですよ。
摩周湖の東側に「養老牛温泉」という、
温泉マニアでないと知らないような温泉地があります。
ここの宿を予約していたんです。

なので、ウトロ知床チェックアウト後、どこにも寄らず、
こちらの温泉地へ向かいました。
さすがにチェックインまで時間があったので、
別のホテルの立ち寄り湯を堪能します。

そして、今回の宿泊地「ホテル養老牛」。
しっとり雨模様 北海道知床~ホテル養老牛(東日本応援車中泊旅39日目)

非常に昭和の香りのするホテルです。

老巧化はしてるけれど、温泉は極上。
しっとり雨模様 北海道知床~ホテル養老牛(東日本応援車中泊旅39日目)

晩飯も質素ながら、地産地消でうまく料理しています。
しっとり雨模様 北海道知床~ホテル養老牛(東日本応援車中泊旅39日目)

こういうのをアテに晩酌できるのは、
酒飲みとしては非常に幸せな時間ですね。

車中泊の多い今回の旅ですけれど、
極上の泉質を持つ温泉と、晩酌のできる夕飯はええよね~
寝るという点ではあまり不自由していませんが、
やっぱり旅館での宿泊は贅沢感を与えてくれます。

今はまだまだ貧乏な私ですけど、
いずれは、もっとホテル連泊できるような身分になりたいです。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
朝起きて、まず思ったのは、世界遺産の自然の中で、
じっくりその日は過ごしたいなってこと。
なので知床半島の奥地へ車を走らせることにします。

森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

この自然の中に包み込まれたかった♪

その道中、エゾジカはあちこちにいますけど、これは立派!
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

見事な角でした。

そして、さらに奥に入っていくと・・・
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

林の中になにか黒い動く物体が3つ。
1つは大きく、2つは小さいです。
よく見ると「ヒグマ」!!!
お母さんグマに、子供グマが2頭です。
うわ!どうしよ?って思ったが、せっかくやから写真撮りたい。

で、カメラ構えてパチっ!
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

お母さんグマが、「グァオ!」と怒って、こっちに向かってきます。
なので、この写真ブレているんですよ。
慌てて車までスタコラ走って逃げて、エンジンかけて車だしました。
やばかった~死ぬかと思った。

少し戻り、ちょっと広めの道路の脇に停めて、
ここで今日の執筆活動しようかなと思ったら・・・

森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

今度はキタキツネ。
遠巻きにこちらを伺っています。

なにか物欲しげな顔してるんで、車の中にあったキャラメルをポイ。
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

用心しながらも、近寄ってきました。

だが、ちょっとした物音でビクッ!
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

おっかなびっくりでしたけど、キャラメル4つもあげると慣れてきました。

このキタキツネに「ゴンちゃん」と名づけ、戯れます(^^)
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

もうこの頃には、非常に近い位置でも落ち着いてますね。
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

バイバイしようとすると、名残惜しそうにこんな顔。
森の中♪熊さんに♪出会~った♪ 北海道世界遺産知床半島~ウトロ温泉 しれとこ村つくだ荘(東日本応援車中泊旅38日目)

もうちょいなんか食料積んでおけばよかった。

こんな感じで自然と戯れて、PCで作業してたら、
あっちゅう間にその日泊る宿のチェックイン時間になってました。

この日の宿泊はウトロ温泉「しれとこ村つくだ荘」。
楽天トラベルにて、6980円で1泊2食さらにお昼弁当付きで予約できた宿です。
うーん、安かったけどそれなりかな?
また別で記事にいたします。

いや~知床は野生の王国!!
皆さん、一度は来てみる価値ありますよ。
あちこち旅行している私が、大推薦できる観光地です。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
今回の北海道旅行で、一番来たかった場所。
それがこの世界遺産、知床半島やったんですよ。
以前の北海道旅行でも、この道東は全く未体験やったんです。
なので2日間じっくり、この大自然を堪能するつもり。

前日までのぐずついた天気は一変!
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

羅臼の海もまぶしいです。
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

しかし国後島までは見えなかったな・・・

羅臼岳も、6月下旬でもまだまだ雪模様。
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

ここの峠は冬季も閉鎖されますからね。

で、この日はこの知床半島にある、
無料の野天風呂巡りが目的でした。
有名なところでは「カムイワッカの滝」ですけど、
それ以外にも、4つばかしあるんですね。
その秘湯温泉めぐりです。

その道中に・・・
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

いました!エゾジカです。
最初見たときは、すげ~って思ったんですけど、
この知床半島、当たり前のようにあちこちに鹿いるんですよ。
まるで奈良公園のシカ状態です。

それに!
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

こちらもいました!キタキツネです。
親子で登場。

結構、人間慣れしてますね。
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

車を停めると、近寄ってきました。
おそらく餌あげる人が多いのでしょう。
後続車がやって来たので、山の狭い砂利道やったんで、
すぐに車出しました。

ウトロの町へ。
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

海岸線にオロンコ岩というでっかい岩があるのを発見。
ここにどうやら登れるらしいので登ることに。
ただ、50mもの高さの階段のぼりは運動不足の私はきつい。
頂上に辿り着いた時には、ゼーぜー言ってました。

しかし、眺めは圧巻。
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

海岸線になんでこんな高さの岩が、ポツンとあるんでしょうね。

こちらもその近くにある奇岩。
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

「ゴジラ岩」と呼ばれているらしいです。

その日の車中泊は、道の駅「うとろ・シリエトク」。
知床の大自然を満喫! 北海道羅臼~知床無料天然温泉秘湯~道の駅「うとろ・シリエトク」(東日本応援車中泊旅37日目)

出来てそんなに間もないようで、非常に綺麗で大きい道の駅。
まあ、世界遺産の入り口みたいなもんですから、
立派にしとかんとね。
トイレはこちらも室内にあって、暖かい。

明日ももう一日、知床に滞在。
今日、結構色々と楽しんだので、どうしとこかな。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
釧路を出発!この日はさらに東を目指します。
ホテルの朝食バイキングで腹いっぱい食べたし、
昼飯も喉を通らなそうな状態やったので、ひたすら走りきるつもり。

まず、目指すは日本最東端のノシャップ岬です。
しかし・・・カーナビがおかしい。

本土最東端に到達! 北海道釧路~ノシャップ岬~道の駅「知床・らうす」(東日本応援車中泊旅36日目)

釧路から厚岸、そして根室を経由して行くんですから、
なんでこんなまわり道をいかなあかんの?
距離優先、一般優先と色々とルートを変えてみても一緒。
こんなの無視して、ずんずん東へ突き進みます。
すると途中で、正規のルートに修正し直しました。
その距離差はなんと60kmもありました。
時折、このカーナビ、こういうバカやるんですよね。

昼過ぎに本土最東端に到達。
本土最東端に到達! 北海道釧路~ノシャップ岬~道の駅「知床・らうす」(東日本応援車中泊旅36日目)

天気は悪かったですね~

うまくいくと国後島見えるかな~と思ったが駄目。
本土最東端に到達! 北海道釧路~ノシャップ岬~道の駅「知床・らうす」(東日本応援車中泊旅36日目)

晴れたら、この先にでも見えるのにな。

雨もぱらぱら降り出してきたし、先を急ぐことに。
野付半島でとりあえず立ち寄り湯を経由し、
今度はずんずん北へ進みます。

夕方にこちらに到着。
本土最東端に到達! 北海道釧路~ノシャップ岬~道の駅「知床・らうす」(東日本応援車中泊旅36日目)

道の駅「知床・らうす」です。
この時期6月の知床半島は気持ちのええ観光シーズンですね。
この日はあいにくの小雨でしたけど、
夕方、お土産物屋さんも賑わってました。

晩飯はここで食おうかなとも思ったんですけど・・・
本土最東端に到達! 北海道釧路~ノシャップ岬~道の駅「知床・らうす」(東日本応援車中泊旅36日目)

お値段はお高めでしたし、やめました。
しかし、ここのトイレは館内にあって暖かい、それに綺麗。
そりゃ、この場所で、冬に外のトイレはいややな~

今回の旅で一番遠くまで到達。
神戸からじわじわ走り続けて、36日目。
走行メーターは5000キロ弱を表示しています。
たいしてトラブルもなく走り続けている愛車に感謝。
帰ったら、ホント大掃除してピカピカにしてやるからね♪


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
その日起きると、前日からの雨もあり、周りは真っ白。
ゴージャス系ビジネスホテル 北海道釧路~天然温泉 幣舞の湯「ラビスタ釧路川」(東日本応援車中泊旅35日目)

さすが霧の町「釧路」ですね。
ここまで海岸線で霧を見るの初めてかも。

この日ものんびりしたもんです。
まずは釧路市街地へ戻り、ジーンズがこの旅で酷使し過ぎたのか、
あちこち破れが目立つようになり、
ついにお尻のところがビリビリっと来てしまいました。
ちょうど「ユニクロ」を見つけ、ここでジーンズを新調。

お昼を食べ、ホテルに14時にチェックイン。
ゴージャス系ビジネスホテル 北海道釧路~天然温泉 幣舞の湯「ラビスタ釧路川」(東日本応援車中泊旅35日目)

この日の宿は、今回北海道の旅で絶対はずしたくなかった。
「ラビスタ釧路川」です。

その第一の理由は、これ!
ゴージャス系ビジネスホテル 北海道釧路~天然温泉 幣舞の湯「ラビスタ釧路川」(東日本応援車中泊旅35日目)

朝食はバイキングなんですけど、
なんと!!いくらの食べ放題があるんですよ。
うに、いくら好きの私がこれを逃すわけはない。

そして、これ。
ゴージャス系ビジネスホテル 北海道釧路~天然温泉 幣舞の湯「ラビスタ釧路川」(東日本応援車中泊旅35日目)

こういうホテルには珍しい、天然温泉の展望浴場。
こういう都心のビジネスホテルにも温泉大浴場増えましたが、
人工泉やローリー湯が多いですよね。
結構、源泉かけ流しにはこだわって、温泉はチョイスしている私なので、
これも大きなプラスでした。

夜は、夜鳴きそばの無料サービス。
ゴージャス系ビジネスホテル 北海道釧路~天然温泉 幣舞の湯「ラビスタ釧路川」(東日本応援車中泊旅35日目)

風呂上りにはヤクルトの無料サービス(タイミング悪くありつけなかったが)。
ゴージャス系ビジネスホテル 北海道釧路~天然温泉 幣舞の湯「ラビスタ釧路川」(東日本応援車中泊旅35日目)

そして、最上階の無料利用できるラウンジ。
ゴージャス系ビジネスホテル 北海道釧路~天然温泉 幣舞の湯「ラビスタ釧路川」(東日本応援車中泊旅35日目)

ここへ風呂上りに缶ビール持ち込んで、過ごしました。

なかなかすごいでしょ?
これで1泊朝食つきで、楽天トラベルの予約にて5980円!!!
これだけのオプション付きでこの値段は非常にお得です。

ゆったりシモンズ社製のベットで眠りにつかせていただきました。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
帯広のホテルをチェックアウト、この日は釧路を目指します。
しかし、釧路のホテル予約は、明後日にしてるんですよ。
それまでどうすんねん?って感じですが、
温泉入るのも、グルメ堪能するのも、ちっと疲れが・・・
ってより飽きてきたって感じ。
それに釧路周辺って、あまりええ温泉ないんですね。
釧路湿原って観光地もありますが興味ない。
なので市街地行けばなんかあるやろと向かったわけです。

ってなわけでやってきました。
中だるみが激しいな・・・ 北海道帯広~釧路~道の駅「しらぬか恋問」(東日本応援車中泊旅34日目)

釧路の観光用商業地、フィシャーマンズワーフMooです。
しかし、土曜やのにあんまり流行ってない気が・・・
釧路の繁華街もちょろっと車で走ってみたんですけど、人少ない。

この日は他になんもする気起こらず、
パソコンにて、今までの旅のまとめでもしようかなと、
釧路に一番近い道の駅へ向かいます。

この日の車中泊地、道の駅「しらぬか恋問」。
中だるみが激しいな・・・ 北海道帯広~釧路~道の駅「しらぬか恋問」(東日本応援車中泊旅34日目)

国道、海岸線沿いにあり、なかなか人気の道の駅です。
ひっきりなしに車の出入りがありましたね。

ちょっと海岸の方にも出てみましょう。
中だるみが激しいな・・・ 北海道帯広~釧路~道の駅「しらぬか恋問」(東日本応援車中泊旅34日目)

レストランもご当地系を置いています。
中だるみが激しいな・・・ 北海道帯広~釧路~道の駅「しらぬか恋問」(東日本応援車中泊旅34日目)

けど、ここも豚丼がご当地グルメなんですね。

その中でもこれ。
中だるみが激しいな・・・ 北海道帯広~釧路~道の駅「しらぬか恋問」(東日本応援車中泊旅34日目)

釧路のB級グルメと言えば「スパカツ」です。
ミートソーススパゲティにカツがのっているのん。
ここでも食べようかなと思ったのですが、
翌日、釧路の有名店で食うことを決めていた為、やめました。

その後は小雨も降ってきたしで、車に缶詰。
PCのバッテリーぎりぎりまで作業続けて、
眠りにつきました。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
帯広を動けないと前日記事に書きましたが、
それはどうしてかと言うと、この日の宿をあらかじめ、
かなり前から予約していたからなんですよ。
なので、先に進むわけにもいかず、この日も帯広です。

まずは市街地へ。
帯広駅前、長崎屋の駐車場が無料駐車できます。
こちらで、生活日常品の補充と食料調達をしました。

そして、帯広駅周辺を散策。
動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

「十勝乃長屋」こういう飲み屋街があるんですね。

様々なジャンルの飲食店がいっぱい。
動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

値段もそこそこに安く魅力がありました。

中でもこれ。
動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

立ち食い寿司屋さんなんですけど、
この値段は惹かれましたね~

また道を隔てて逆側には「北の屋台」という屋台街もあります。
動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

飲みはしごが大好きな私には、ちょっと飲んでみたいなって思う、
帯広の繁華街やったんですけどね~

しかし!!
長崎屋で、その日の晩酌のお供は購入してたんですよ。
ずっと車の中での生活が多い旅やないですか。
なので、部屋でゆっくりテレビでも見ながら飲むのに飢えておりました。
食べるものはやっぱり北海道らしさを感じるものと思い、
「毛蟹」を購入、900円でした。

動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

外で食べると1パイ2000円はするでしょう。

しかし、蟹って食い物に合う酒は日本酒以外に考えられない。
動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

ビールや酎ハイ、焼酎なんて全くダメですね。

そして、この旅、初のお目見え!!
動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

ウニ好きの私がここまで、全く食べてこなかった。
理由は一つ、値段が高過ぎる。
うに丼なんてどこのお店でも、軽く2500円は超えます。
今回の旅の予算では、切り詰めて、トータル2杯食えるかなって感じ。

それが、不揃いの色合いと粒のバフンウニが安く売っていました。
動けない?一箇所に滞在中 北海道帯広~ビジネスホテル「十勝ガーデンズホテル」(東日本応援車中泊旅33日目)

この一折で、750円。
この値段なら買ってもええかなって思いますね。
この旅初めてのウニ~♪とろっと甘くて旨過ぎる~♪

ってな感じの、帯広での晩酌でした。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
この日目指すは、北海道中央の大都市「帯広」。
自然の風景も大好きやけど、都会生まれの都会育ちなもんで、
大都会の便利さなしではよう生きていけない私です。
将来、田舎暮らしなんて、絶対でけへんやろな。

ってなわけで帯広駅前に、昼前に到着しました。
豚丼とモール泉 北海道富良野~帯広~道の駅「おとふけ」(東日本応援車中泊旅32日目)

まずは帯広名物を食わなきゃね。
豚丼とモール泉 北海道富良野~帯広~道の駅「おとふけ」(東日本応援車中泊旅32日目)

豚丼です。
一番人気の行列店にお邪魔しましたが、
私にはもっと炭火の香りのついた豚肉が好きかな。
安いのは安かったけどね。

そして、この近辺はちょっと特殊な泉質。
豚丼とモール泉 北海道富良野~帯広~道の駅「おとふけ」(東日本応援車中泊旅32日目)

モール泉と言って、コーラ色をした温泉です。
この源泉かけ流しを堪能できる温泉が幕別にあるので、
こちらでゆっくり午後の時間を過ごしました。

そして、この日の車中泊は道の駅「おとふけ」
豚丼とモール泉 北海道富良野~帯広~道の駅「おとふけ」(東日本応援車中泊旅32日目)

帯広の市街地から車で、わずか10分程度のところにある道の駅です。
なので相当な車中泊の車で賑わっておりました。
それに北海道はキャンピングカー率が非常に高いので、
キャンピングカー同士が並ぶと、車の横幅ぎりぎりですね。

帯広に移動してきてあまり動いておりません。
その訳は?
次回へ続きます。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
登別を出発し、この日はどうしよかなって感じ。
実はもうちょい登別の温泉を堪能しようかなって思ったんですけど、
前日1日で登別の泉質はもう充分に堪能しました。
ひとまず次の宿泊地である、帯広方面に向かうことにします。

道中にて。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

この店インパクトすごいですね~
熊 vs 鮭!世紀の大決戦ってやつですか。
昔のゴジラ対エビラみたいですね(^^;)

途中、苫小牧は北海道一の工業地帯。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

自然ばっかりの印象の北海道ですので、
こういうの見ると違和感があります。

昼飯食って、ものすごい走りやすい道やったので、
一気にふらのに行こうと思い立つ。

広大なふらのの大地。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

6月中旬であったが、ラベンダーの時期には少し早かったか。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

ただ早咲きの分がいくつか咲いていました。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

しかし、私、こういうの見てもなんとも思わないんです。
自然の風景って大好きなんですけど、
これって人間が手を加えて演出してるもんでしょ?
単なる紫の花がいっぱいあるだけやんって印象。

で、富良野の市街地にはこんなのがありました。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

ふらのマルシェ。
観光客用に、富良野の特産品を扱っている商業施設です。

中にはこういうお店が入っています。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

ふらのバーガーとか気になったんですけどね。
その日の晩御飯は、別で買ってしまっていたので残念。
おつまみ類を少々購入しました。

その後は帯広方面に車を走らせ、道の駅「南ふらの」に。
一気に大移動、花より団子 北海道登別~苫小牧~日高町~富良野~道の駅「南ふらの」(東日本応援車中泊旅31日目)

こちらで今晩は車中泊します。
ここの道の駅、駐車場めちゃめちゃ広いですよ。
その割にトイレがちゃっちかったのが残念ですが。

花より団子。
はい、私はその言葉がよく似合うと痛感した一日でした。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★