一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





今回、北海道のいろんな味の焼酎が楽しめるセットを購入しました。
じゃがいも焼酎の記事はこちら!
昆布焼酎の記事はこちら!
芋焼酎の記事はこちら!

最後は定番の麦焼酎をお相伴してみたいと思います。
北海道、札幌酒精が製造しております本格麦焼酎「喜多里」です。

本格麦焼酎 喜多里 25%(北海道札幌酒精)

麦は焼酎の中でもクセがないと言われておりますが、
私は何か、味のあるものと割る(例えばお湯割りにして梅干いれるとか)か、
ソーダ系で割るかで、あまり水割りにはしませんね。

ただ、こういう香ばしい麦の香りのするものは好きです。


無濾過 煎焦麦焼酎「おこげ」1800ml【老松酒造】

さーて、今回のこの麦焼酎はどうでしょうか。
本格麦焼酎 喜多里 25%(北海道札幌酒精)

北海道産の「二条大麦」を使用しており、その味はさっぱり。
水割りで飲むとどうしても私にはアルコール分が舌にぴりりと伝わり、
ちょっと好みのタイプではありませんね。

そのアルコール度数は25%。
本格麦焼酎 喜多里 25%(北海道札幌酒精)

焼酎がええのはこの度数。
私はビールの度数(5~6%)ですと、
1.5リッター以上飲まないと酔えない。
非常に燃費悪いんですよね。
しかし25%のアルコール度数ですと、
水割りコップ5杯も飲めば、ええ調子になれます(^^)

果たして、今回のこの焼酎「喜多里」の総評を。
一番自身に合っているなと感じたのは昆布焼酎。
そして「芋」「じゃがいも」「麦」と続きます。
けど、美味しい芋焼酎、例えばこんなには敵いませんね。


【限定品】とってもフルーティー!和食によく合う芋焼酎明石酒造?ないな

産地:北海道 札幌酒精
原材料:じゃがいも(厚沢部町産)・米麹
アルコール度数:25度
容量:180ml
↓今回こちらで購入!↓

喜多里4本ギフト
私が焼酎ジャンルの中で唯一、
味が好きな焼酎と言ってもいいのではないだろうか。
その名はしそ焼酎の「鍛高譚」です。

その鍛高譚のソーダ割りを、北海道のとあるスーパーで見つけた。
まあ、ハイボールが流行っているご時世ですから、
こういうのも出るだろうなとは思っていました。
なかなか、本州では巡りあえないのではと即購入。

「鍛高譚のソーダ割り」と蛸のザンギ(北海道グルメ)

「鍛高譚」は、北海道白糠町しらぬかちょう特産のシソと、
大雪山系の清冽な水を使用した焼酎です。
この「鍛高譚のソーダ割り」は、その「鍛高譚」の原酒を、
絶妙なバランスでソーダ割りし、
レモンスピリッツと程よい甘みを加えて仕上げたもの。

そのアテには、北海道らしいものをとこちらを購入。
「鍛高譚のソーダ割り」と蛸のザンギ(北海道グルメ)

「たこのザンギ」です。
唐揚げを北海道ではザンギと呼びます。
鶏の唐揚げも「とりのザンギ」ですね。
ソーダ割りなんで、すっきりしているのを前提に、
油ものを購入しました。
ちょっと塩辛めの蛸にサクサクの衣がええね~
こりゃ、ビールや酎ハイ系にぴったり合う味です。

さて、鍛高譚のソーダ割りの話に戻しますと、
ちょっと味が薄いかな~って印象。
シソの風味がちょっと少ないんですね。
アルコール度数は7%と結構あるのにすっきり。
もうちょい紫蘇エキスとかを加えたい感じ。

これ呑んで思ったのは、やっぱりオリジナルの鍛高譚を、
ロックで飲みたいよな~って感想。
ただ、焼酎系のソーダ割りでは一番気に入った味です。
全国販売もしているみたいなので、また見かけたら買ってみよ。

商品名:「鍛高譚のソーダ割り」
品質規格:スピリッツ(炭酸ガス含有)
アルコール分:7%
容量・容器:350ml ・ 缶
希望小売価格:160円(税抜き)
以下の通販でも購入できます。

鍛高譚のソーダ割り 350ml 24本入缶チューハイ
北海道旅行の際は、必ずお世話になるビール。
北海道にやって来て、これを飲まずに帰らないビール好きはいないのでは?
キリンラガー、アサヒスーパードライ同様に、
コンビニ、スーパーでも必ずどこにでも売っているビールなんですよ。
サッポロビールの「サッポロクラシック」北海道限定です。

サッポロクラシック 北海道限定(サッポロビール)

とある宿の晩酌用に購入し、撮影。
ま、これ以外にも何度となく、この旅では購入しましたけどね(^^)
発泡酒、第3のビールやないので、値段高いですけど、
どうしても飲みたくなります。

まず、このパッケージがすっごく北海道の緑の大地とマッチ!
是非とも、北海道の自然の中でぐっと空けたいって思いますね。

そして、このビールは副原料は一切使用せず、ファインアロマホップ100%で、
ホッホクルツ製法(高温短時間仕込み)で造られた100%生ビールです。
なので、すっきりしたさわやかな喉越しを味わえます。

北海道の初夏に非常に合うビールでしたね。
知床の自然を肌に感じながら、ぐっと飲み干したら、格別の味わいですよ♪

北海道限定でしか、販売されていませんが以下の通販でも購入できます。

サッポロクラシック 缶 (350ml)×6缶入サッポロビール

家呑みには少し高価なんですけど、たまにの贅沢飲みにいかかでしょうか?
北海道を巡っていると、普段見慣れない食い物を目にすることが多い。
やっぱり、関西から一番遠く離れた地方でもあるし、
その地、独自で根付いてきた食文化も独特である。

こちらの食い物はドラッグストアで見つけました。
車中泊生活必需品の補充をし、レジに向かったところ、
レジ前に陳列されていました。

手作り 中華まんじゅう(北海道小豆使用)

中華まんじゅう???
関西人の私としては、この言葉から連想する言葉は「豚まん」。
しかし、これどう見てもその類ではありませんね。
三日月形の和菓子である。
なんで、これに中華って名づけるのか興味があり購入。
値段は安く100円でした。

袋を開けてみると、こんな感じ。
手作り 中華まんじゅう(北海道小豆使用)

うん、やっぱりこれは中華のお菓子とは思えません。
ちゅうわけで、後で調べましたウンチクを列記でしますね。

命名由来は、小麦粉・砂糖・卵を基本材料とする生地を、
「中花種(ちゅうかだね)」と呼ばれています。
その中花が転じて中華となり、
中華まんじゅうと呼ばれるようになったと考えられているとのこと。

北海道、特に道東地方(釧路市など)では、
化粧箱に詰められた中華まんじゅうを、
冠婚葬祭の引き出物の定番として扱っています。

中にはこし餡が詰められています。
手作り 中華まんじゅう(北海道小豆使用)

印象としてはどら焼きなんですけど、皮がのっぺりした食感。
あまりどら焼き系は好みではないので、
これも同じ印象ですね。

北海道、道東では、ごく一般的に食べられている和菓子なので、
旅行に行かれた際、スーパーでも購入できると思います。
どら焼き好きならば、一度お試しを♪

↓お勧めリンク↓

これが噂のご当地B級グルメ!中華まんじゅう 室蘭カレーラーメン&室蘭やきとり
函館のコンビニエンスストア、「ハセガワストア」で見つけました。
名物の焼き鳥弁当を購入して、その出来上がりまでの待ち時間に、
ふっとレジ前で目がついたんですよね。
その名はまあ、北海道森駅の駅弁として有名ですね。
「いかめし」です。

函館 いかめし お手軽シングルパック(北海道)

値段がまずお手軽やったんですよ。
160円ちょっとと非常に購入しやすかったんです。
駅弁大会とかでしたら、2個入って500円とかしますよね。
それよりも、小ぶりで1個ですが、
真空パックで日持ちもしそうなので、
どっかで、酒のアテにするため購入しました。

その、ミニいかめし。
函館 いかめし お手軽シングルパック(北海道)

ゲソを取り外し、腹ワタを取り除いたイカの胴体部分に、
洗った米を詰め込み、米が飛び出さないようにとめて、
醤油ベースの出汁で炊き上げたもの。
まあ、私がここで説明せんでも誰でも知ってるとは思いますが(^^;)

こんな感じで米が詰め込まれています。
函館 いかめし お手軽シングルパック(北海道)

食べてみるとうん、森駅の駅弁で有名な阿部商店のいかめしとも、
真空パックの品としては遜色はありません。
小ぶりな分、中にまでしっかり醤油出汁が染み込んでおり、
なかなか純米酒とよく合いますよ♪

安いから、いかにも缶詰のような味を予想していたが、
案外、旨くってびっくりしました。
値段も安いですし、函館旅行に行って、
コンビニで是非とも探してみてくださいな。

↓お勧めリンク↓

【送料無料】レトルトじゃない!生から作るからおいしい!究極のいかめし
北海道産の焼酎「喜多里」・・・
そのお試し350mlのセットを購入しました。
北海道らしい、じゃがいも焼酎。
そして定番の、芋焼酎。
なかなか、北海道らしいさっぱりした味です。

焼酎っていろんな物を原料にしていますね。
中でも一番北海道らしいのはこれではないでしょうか。
今回、本格昆布焼酎 喜多里を紹介いたします。

本格昆布焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

昆布の里として親しまれている北海道南茅部町、
ここの昆布を原料とした焼酎です。

その昆布が5%も入っているのがこちらの魅力。

本格昆布焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

ただ、麦も混ぜているんですね。
本格昆布焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

なかなか、昆布のみやとお酒らしい味が出ないんかな。

飲む前にまず、匂いを確認。
うん、海の香りを感じますね。
飲んでみると、昆布風味がまろやかすっきり。
ただ、まろやか過ぎて、アルコールの苦い感じが目立ちます。

北海道の変り種焼酎と言えば、
紫蘇(しそ)焼酎の「鍛高譚(たんたかたん)」が有名処ですけど、
あまり焼酎を好んでは飲まない私には、こちらが一番好みですね。

↓今回こちらで購入!↓

喜多里4本ギフト