一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





お酒の中でも、日本酒好きな私。
なので、スーパーに行って、お酒売り場で気になるのは、
ビールの新商品ももちろんのことだが、
日本酒のワンカップコーナーもいつもチェックしています。
そこで見つけた、北海道のワンカップです。
北の誉酒造の「北の誉 銀 寒造り」です。

北の誉 銀 寒造り[本醸造](ワンカップ)北海道北の誉酒造

お値段は350円くらいやったかな。
よく覚えていませんが、300円台の記憶があります。

この「北の誉酒造」は、明治中期に創設された北海道一の酒類商、
丸ヨ野口吉次郎商店が前身となって創業されました。
小樽の良水を生かして仕込まれる酒は、「北の誉」と命名されました。
中でも純米造りに力を入れそのレパートリーも豊富です。
本社は札幌にですが、製造は創業地の小樽にあり、
見学施設の「酒泉館」が併設されております。

アルコール度数は14度以上、15度未満。
北の誉 銀 寒造り[本醸造](ワンカップ)北海道北の誉酒造

精米歩合などは不明ですが、本醸造です。
醸造アルコールが添加されていますね。

お味はそのまま飲むと、
これ絶対日本酒嫌いの方が嗜むと、
さらに嫌いになるんじゃないかと思う、日本酒くさいお酒。
私もこの冷やした状態で、ぐっと呑むと、
醸造アルコールの臭みが顕著に分かります。

ただ、半分残して、あとは燗して飲みましたが、
この方がまろやかに感じてよかったですね。

冬の寒い日に、おでんと一緒に燗して呑むのに、
適している思います。

製造地:北海道小樽
製造者:北の誉酒造
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ
カップラーメンはあまり食べることはない私。
どうしてもお味を考えると、
袋に入っているインスタントラーメンの方が好みです。
(特にサッポロ一番の塩ラーメンとか)
しかし唯一の例外のカップめんがこれだ。
日清食品のどん兵衛、「天ぷらそば」!
おそらく生涯で一番食べているカップ麺だろう。
姉妹品のきつねうどんもそれを追随している。

で、北海道限定でこんなのを出しているんですね。
北海道限定!北のどん兵衛 親子そば(日清食品)

「北のどん兵衛 親子そば」。
私がどん兵衛が非常に好きだってことを、
知っている方からいただきました。

この「北のどん兵衛」シリーズは、
他にもいくつか全国販売されている銘柄で、
北海道限定発売されているそうです。
コンセプトは「道産利尻昆布」使用のだし。
うまい昆布だしはホントうまいのは経験済み。

完成品。
北海道限定!北のどん兵衛 親子そば(日清食品)

親子そばの言葉どおり、鶏肉と卵(カキタマフレーク)が特徴です。
その具材はほとんど鶏肉の姿は見当たりません。
この点、私は普通の「天ぷらそば」がええかも。

蕎麦に関しては普通のバージョンと変わりないので言及しません。

そして、一番違う、そのダシ!
普段はこのどん兵衛天ぷらそばを食べても、
スープは絶対飲み干しません。
その化学調味料だらけの濃い~味がどうにも駄目。
一切口にしない時もあります。
けど、この利尻昆布だしは甘いんですよ。
それも自然に昆布から染み出てきた自然の甘さ。
うん、このスープならば飲めますね。

このスープで普通の天ぷらそばバージョンが食べたい!
楽天での通販もやっているみたいやから、常備しとこうかな。

↓お勧めリンク↓

北海道限定版!「利尻昆布」でダシをとったご当地インスタントカップ麺。