一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





天満で日本酒気分になるとどうしてもこちらを訪れます。
銘柄種類豊富ですし、そこそこ安いですもんね。
今日も天満呑みの〆にやってきました「やまなか」です。

日本酒の店 やまなか(大阪天満)

つい先日は昭和町の蕎麦の店も堪能してきたところです。
大阪昭和町「蕎麦やまなか」の記事はこちら!

店内は以前は立ち呑みであったが、今は座り。
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

立ち呑みやった時は、対応が後手後手になっていたので、
この程度の人数相手で適当でしょう。

さーて何呑もうかな~
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

110mlでこのお値段ですから、ホントお手軽です。

私は、微発泡のシュワシュワ開けたてをリクエスト。
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

出てきたのは、遊穂「花さかゆうほ」純米吟醸にごり(460円)です。
シュワっと口当たりは爽やかなんですけど、
スパッと切れ味がある、非常に美味しいお酒です。

こちらが付きだし。
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

蓮根の甘みが、辛口のお酒に合うアテです。

さーて他にアテを頼みましょう。
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

ご覧の通り、和食の小料理、どれもが日本酒に合う肴です。
値段も500円弱程度で揃っており、手軽に頼みやすい。
ただ、以前はやっていた天ぷらがなくなってしまったのが残念。
揚げるのに時間かかりますから、結構クレームがあったようです。

その中から、エイの煮こごりをいただく。
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

ちょっと味が濃いめだな・・・
やまなかの味付けは、少し自身には濃いんです。

2杯目いきましょう!
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

「旭菊 麗 純米吟醸」、福岡の日本酒です。
これは、吟醸香がすっと消える淡麗タイプってリクエストしました。
うん、リクエスト通りです。
もうちょい、先にふわっと吟醸香が欲しいかな。

3杯目。
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

「奥鹿 生モト 3年熟成 無濾過原酒」。
地元大阪、秋鹿で自信を持ってつくった「生モト」のお酒。
ふかーい重厚感溢れる造り、柔らかいタッチで喉元を通ります。

もう一つアテ。
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

寒グレ昆布〆(480円)。
パサッとしていたので、もっとしっとり感が欲しかった。

酔っぱらった私は、暴挙に出ます(^^;)
日本酒の店 やまなか(大阪天満)

「今日、一番高い日本酒ちょーだい!」
って出てきたのは、善知鳥(うとう)大吟醸。
青森の有名蔵「田酒」が自信を持って送り出した最高級限定大吟醸。
確か110ml、軽く1000円超えていたとの記憶・・・
呑んでみて、もう頭がメロメロ、フワフワしてきます。
吟醸の香り高さがものすごい。
「華やか」って言葉はこの酒のために生まれてきたのかって思うくらい。
帰って、楽天で一升瓶いくらぐらいかな?と見てみると9000円前後。
この値段なら、奮発して買ってみよかな。

違ったタイプ4種類の日本酒を堪能。
やっぱり「やまなか」は、自身にすごくよく合うお店です。
今度は思い切って、大国町の本店に行こうかな(^^)

住所:大阪市北区池田町6-12
電話:06-6351-1555
営業時間:17:00~23:00
定休日:月曜
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ