一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





さて、今日2件目の温泉である。
ニセコグランドホテルの日帰り入浴(700円)です。

ここを選んだ理由は、なんと言っても、その露天の広さ!
広々とした大庭園露天風呂がとにかく池のように広い。
これぞ、北海道の露天は広いっていう醍醐味を味わせてくれそうだ。

早速、その露天へ直行。
さすがに、大庭園露天を謳うだけのことはある。
09_07nisekograndhotel.jpg

泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉と鉄鉱泉の二種類。
鉄分を含むため、ちょっと赤褐色を帯びている。
ただ、匂いはあんまし鉄っぽい感じはしなかった。

この大庭園露天は混浴だが、中央に仕切りがあるため、
女性でもその裏に入れば大丈夫である。
それでも恥ずかしいならば、女性専用の露天風呂もきちんとついています。
ですので、俺は1時間ばかり入浴していましたが、
女性の方を見受けたのはお一人、ちょっと年配のご夫婦で入られている方だけでしたね。
ロビーとか休憩室は本当に観光客でごったがえしていたので、
女性はこちらには来ないようですね。
混浴目当ての男性の方、残念でした。

それに、ここの湯温はひじょうにぬるめで俺にはちょうどよかった。
広々とした周りの景色を堪能しながら、ゆっくり浸かる露天風呂。
なーんかいっぱい物思いに耽ることができた時間であった。
体もぽっかぽかである。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
さて、バイキング好きの俺が、この地北海道でもバイキングを
食べないで帰るなんてことはありません。
その俺がバイキング喰らうぞ候補地として予定していたのが、
ここ「長万部市場」で食える「カニ飯バイキング」です。

ここのバイキングは値段が安い!880円っちゅう値段です。

まず写真右下がカニ飯です。
09_03osyamannbeichiba.jpg

うーん、これが名物カニ飯かいな。
あんましカニの味がよーわからんです。
他にも色々旨いものがあるかと、思えば非常に貧弱・・・
ご覧の写真見てもお分かりでしょう。
ただ画面中央上のイカの刺身は旨かったですね。

これが2皿目。
09_04osyamannbeichiba.jpg

カレーやにゅうめん、あと1回目で取ってこなかったもの。
味は・・・・

そして3皿目。
09_05osyamannbeichiba.jpg

また、イカの刺身を取ってきてしまった・・・(^^;)
だーって旨いって思ったのは今のところこれだけ・・
あとは、トコロテンとデザートのケーキとメロンです。
ここでまたおいしー物発見!
このメロンがめっちゃ甘くて、旨い!!
さすが夕張近くだけあって、そっち方面でできたものなんでしょうか。
あまりメロンが好きでない俺でも、これは旨いって思いました。

色々聞いてて、期待してたんですけど、値段相応ってとこでしょうね。
やはり1000円を切るって値段ではこのレベルで落ち着くでしょう。
カニ飯だけでも旨かったら満足できたんでしょうけどね。
まあバイキングに関しては、あちこちで食ってきてるんで俺も舌が肥えてるんでしょうな。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
水溶性天然炭酸カルシウム鉱石の神秘「二股ラジウム温泉」・・・
ここは大変珍しい温泉のようで、世界でも類例のない石灰華ドームが存在。
09_02futamatarajium.jpg

これは世界でアメリカのイエローストーン国立公園と、
二股ラジウム温泉の二ヵ所しか見られない貴重なものだそうだ。

もうそう聞いたら、濃い~温泉好きの俺はぜーったい入りたくなりますな(^^)
これまた、かなり山奥に入った秘湯・・・
途中、完全に一車線の山道に入ってきて、幅の広い俺のGTOでは、
対向車が来れば、どうしようかと思ったくらい、ヒヤヒヤしました。

なんとか無事に到着・・・
日帰り入浴に1000円もかかるが、まあ珍しい温泉でもう入る機会はないやろから、入浴・・・
ちょうど着いた時間はまだ朝時間が早く、露天は清掃中でした。

というわけで、内湯から・・・
09_01futamatarajium.jpg

ここはきちんと温度差ごとに浴槽をつくっており、
熱め、ぬるめ、どちらがお好みの方でも楽しめます。
もちろん、俺はぬるめに入浴(^^;)

ホントここは、その温泉の濃さがすごいっす!
もう湯の花が浮きまくり!いかにも体に効きそう・・・
ここで2週間湯治して効果がなければ、費用全額返金とすごいことを
書いていました。そんなに天然ラジウムって効くんでしょうか?

さあ露天が、清掃終わったようなので、そっちに入浴。
露天風呂もやはり二つあって、温度で分けられているようだけど、
それほど温度差はないように感じた。
ただ、眼前には温泉成分の混じった川の水が流れ落ちる滝があったりして、
緑に覆われた山々といい、すべてがマイナスイオンの固まりであるように思う。

これは、すごい温泉です。
1000円出すだけの価値はある、そんな独創的な温泉でした。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
2005/9/05(日)
さあ北海道最終日です、ここから小樽までが最後のドライブ・・・
かなりこの地を離れたくない心境です。
朝7時に出発し、まずは天然ラジウム温泉としては世界唯一と言われている、
長万部の二股ラジウム温泉を目指します。

(二股ラジウム温泉の記事はこちら!)

さてちょっと戻って腹ごしらえ!
長万部市場のカニ飯バイキングを食います。

(長万部市場の記事はこちら!)

天気は曇りがちですが、海はやはりええですね~
09_06osyamannbe.jpg

さあ、このままニセコへ再び向かいます。
今度はメインの昆布温泉へ・・・
ニセコグランドホテルの日帰り入浴に向かいます。

(ニセコグランドホテルの記事はこちら!)

そして、夕方に余市に到着。
お目当ては「柿崎商店」です。

(柿崎商店・海鮮工房の記事はこちら!)

余市から小樽へ向かう5号線の夕焼けが綺麗です。
09_11yoichi.jpg

日が暮れる前に小樽に到着。
赤レンガ倉庫街をパチリ!
09_12otaruakarenga.jpg

家へのお土産品を物色した後は、フェリー出港時間まで間があったので、
天狗山へ登り、函館で見れなかった夜景をここで楽しもうと思い立つ。

ちょうど花火大会をやっていて、綺麗に見えました。写真はカメラの力不足でぼんやりです・・・
09_15otaruyakei.jpg

さあ、いよいよ北海道の大地ともお別れです。
いい思い出をありがとう!!
フェリー内で食べる飲食物を、最初小樽着いたときに購入したフードセンターで購入です。
あの時はさあ!これからだ!って意気揚々としてたのに、寂しいもんですね。
(10日目に続く)

森~長万部~ニセコ~余市~小樽 移動距離383キロ


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★