一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





函館の塩ラーメンとして、老舗で君臨している「あじさい」である。
普段、俺はあんまり塩ラーメンは外で食べないのだが、
敢えて、その王者の塩ラーメンを堪能するつもりでここに寄りました。

内装はカフェのようであり、非常に綺麗。
ここがラーメン屋か?と目を疑いたくなります。

迷わず、塩ラーメン(600円)を注文。
ajisai.jpg

スープの味わいはその色合いどおりに非常にさっぱりしてる。
ただ、そのスープ自体に俺は奥行きが感じられない。
塩なんだからさっぱりしてて当たり前なのだが、
普段、こってり豚骨醤油を大の好みにしている俺には口が合わないのだ。

麺は少し細めのストレート麺。
この麺じゃスープの味わいがただでさえ薄いのに、感じられないだろうと思ったが、
まさにその通り。
ほんとあっさりしすぎである。

のってる具材も特筆すべきものはなかった。

ただ、ここも店員の応対は非常によかったですね~
やはり超有名店は、店員の接客態度をホントにきちんと教育されています。

塩ラーメンというと俺は家でよくサッポロ一番の「塩ラーメン」を食べるのだが、
あのB級な旨さにかなう塩ラーメンにはなかなか巡り合えないですね。
ただ、あっさりラーメンが好みの方にはお勧めできます。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
函館で絶対食したかったものの一つ、ハセガワストアの「やきとり弁当」である。
GLAYのJIROもその味を絶賛している、そのお弁当はB級グルメ愛好家の俺には、
絶対外せんアイテムであろう。

そのお弁当を、その当日の夜食として買います。
大きさは中にして、「塩」味にしました。
味は他に「タレ」も選べて、初心者はこっちの味わいを楽しむ方がよいとの情報を
得ていましたが、さっぱりしたもんが食いたかったので「塩」に。
値段は500円です。

この弁当は注文を受けてから焼くらしい。
コンビニながら炭の焼き台があり、注文すると目の前で焼き、焼きたてを食べられるのだ。
こういうところが絶賛されるだけの弁当であるとうかがえる。
まあ、俺は夜食用なんで、その場で食べたいのぐっと我慢!

5分ちょっと待って出来上がってきました。
ご覧のようなパッケージである。
08_10hasegawa.jpg

開けてみるとご覧の通り、
見るからにうまそう・・・・あとのお楽しみです。
08_11hasegawa.jpg

今夜の車中泊地「もりの道の駅」でこの弁当を食らう。
この使われている肉ですが、名前こそ「やきとり」ですが、実際は豚肉を焼いたものである。
北海道では「やきとり」とは豚肉を焼いたものも含まれるんですね。

一口喰らう・・・うーん塩味の豚肉はうまいですな~
海苔とご飯とのマッチィングが絶妙に口の中で旨みが拡がる。
このさっぱり感が塩味はいいですねえ。
温かかったら、もっとうまかっただろうにと思います。
今回、大きさは中にしましたが、大喰らいの俺にはいささか物足りませんでした。
やっぱ大にすべきやったなあ~

B級グルメの中でも、この「やきとり弁当」は一際輝くグルメであろう。
普段、すぐ食べることができる北海道民が羨ましいです。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
今回の北海道旅行で、どうしても立寄りたかったのがここ。
生粋のGLAYファンの俺は、函館はGLAY生誕の地としての思いが強いです。
「Art style of GLAY」
とうとうこの地へやって来ました。

1500円を払い入館しようとすると「北島三郎館ですか?GLAYですか?」と聞かれる。
そう北島三郎館が隣接されているんですね。
どうやら受付のお姉さんの目には、俺は北島三郎館へ行くもんだと思ってる。
まあ30超えたおっさん1人が、GLAYを見に来たとは思えんのでしょうな~
その意外だというお姉さんの目を尻目に、「Art style of GLAY」の
エスカレーターを上がる俺であった。

上がった場所にはGLAYのオンパレード!
ライブのセットの模型、4人の衣装、いろんな曲のPVや、ライブのドキュメンタリーが流れている。
こりゃええわって思っていたが、歩くと数分で過ぎ去ってしまった・・・
もうちょいそこにおったらよかったな。

続けて案内されるがままに4Dシアターへ突入!
しかし観客が俺以外に1人しかおらんぞ・・・
3D眼鏡をかけていざ!観客2人で貸切状態である。
立体スクリーンの他にイスなどにも仕掛けが。
こういうのはどっかにありましたな。
そうそう東京ディズニーランドのミクロアドベンチャーや、
USJのシュレックのようなやつである。

その後、写真はここだけ許可されているとのことなので、
そこで写真をパチリ!
08_081glay.jpg

後は色んなアーチストがGLAYをモチーフに描かれたartが・・・
まあアートスタイルの言葉どおりである。
そしたらあっという間に終わり!
たったこれで、終わり??
08_09glay.jpg

ここは全くの期待はずれでしたね。
ほとんど見るものはなく、安っぽい3D映像を見せられて、
これで1500円は高すぎます。
いくらGLAYファンでも楽しめるような施設じゃないです。
もっとエキスポでやっていたような記念館的に作ればいいのにと思います。
記念に持って帰りたかったパンフやステッカー等もトイレに忘れてきたくらい印象薄かった。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
北海道で、回転すしではここがうまいとの評判でやって来ました。
「函太郎」です。
毎朝、函館魚市場で仕入れた新鮮な魚介をそのまま店に運び、
店の厨房でそれらをさばいているため、寿司ネタはいつも新鮮。
またシャリは季節によって炊き方を変えるなど旨さにこだわっているとのことでその旨さの期待値が高まる。

海沿いに建てられているので、景色も非常によい。
海を見ながら、寿司を食べるなんて、回転すしでもなかなかないでしょう。

午後3時ごろに到着したため、廻ってる皿は全然ない。
食べたいものを板さんに言って、握ってもらうようである。

08_05kantarou.jpg

早速、函館ではやはり「イカ」というわけで生け簀イカってのを食べましたが、
うーん感動するほどではなかったです。
俺自身があんまりイカの刺身は好きではないせいかな・・・

08_06kantarou.jpg

あとボタン海老がちょっと高かったけど賞味させていただきましたが、
プリプリ感がなんとも堪らず、心地よい。

08_07kantarou.jpg

それからサバがここでも旨かったです。
なぜ北海道はこんなにサバが旨いんでしょうね。

合計9皿で勘定が2000円・・・
うーん・・・普段100円台の回転すしで満足している俺にはちょっと高いよな。
この寿司が1500円強で食えたら、非常に満足なんですが・・・
ホント値段面であとちょいです。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
山奥の秘湯って感じの温泉を前日ホテルで検索していると、
ニセコにはいい温泉がいっぱいあるみたいですね。
その中でも山奥に入っていく、「ホテル新見本館」をチョイスしてみました。
日帰り入浴500円です。
全て掛け流しの源泉であるため、否が応でも期待に胸が膨らむ。

館内に入るとどうやら、浴場は2つに別れているようである。
泉質は無色透明の石膏泉です。どちらも同じものだそうだ。

まず第一浴場より攻めてみることにする。
こっちは内湯だけのようですね。
露天を楽しみにしている俺は、ここをそそくさと退散。

続けて第二浴場へ向かうと、内湯の先に露天風呂があります。
内湯は男女別だが、露天は混浴になっている。
全く人のいる気配がなく、俺の貸切状態である。
というわけで写真をぱちり!
08_03nisekonimi.jpg

いやー露天はまさに山奥の秘湯って感じです。
こういう露天はすごくいいですね。
岩風呂になっており、周りの山々の静けさの中で浸かる露天は最高の気分である。
湯の温度も泉源の温度は67℃あるようだが、
この露天は40℃前後でぬるめ好きの俺にはちょうどよい。。

俺が浸かっている途中、年配のご夫婦が入りに来ておられたが、
夫婦揃ってこんな開放感のある風呂に浸かれるの幸せだろうなって思った。

立ち寄り湯としてもあまりにも山奥なんで、みんなここまでは来ないんでしょうね。
俺は土曜お昼12時から1時間ほど滞在していたが、5,6人しか出会いませんでした。
ご夫婦・カップルでゆっくりと露天に浸かりたい方には最適であろう。
また俺は次、北海道来ても、ここに訪れるやろな。
こんだけゆっくりぼーっとできる露天はまずないと思います。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
2005/9/03(土)
さあ、今日は函館へ向かいますが、その間にニセコの新見温泉へ
行くことにしました。ニセコ奥の秘湯だそうです。

その途中、道の駅「望洋中山」で焼きとうもろこしを朝飯で食べる。
08_01yakimorokoshi.jpg

すっごく甘く、また実も大粒で食い応え抜群でした。

途中、秀峰、羊蹄山がすごく綺麗でした。
08_02youreizan.jpg

そして蘭越からさらに山奥に入った、ニセコ新見温泉へやってきました。

(ホテル新見本館の記事はこちら!)

その後はひたすら、函館へ向かいます。
八幡~森あたりの国道5号線はまた綺麗な海岸線沿いです。
08_04mori.jpg

16時前に函館へ到着、お目当ての回転すし「函太郎」へ突入です。

そして今回の北海道旅行是非とも行きたかったArt style of GLAY。
GLAYファンの俺には絶対はずせないでしょう。

そして、ハセガワストアで今晩の夜食、「焼き鳥弁当」を買います。


そして、函館といえば塩ラーメン!「あじさい」の塩ラーメンを堪能です。

その後、函館山に夜景を見に登るつもりでしたが、道を間違えたりして、
また22時の通行規制解除まで時間がかなりあったので、あきらめて、
森の道の駅「YOU・遊・もり」まで戻ることに決定・・・

ここで、ビールを買い、「焼き鳥弁当」を食す。
明日1日で、この北海道の大地を走るのも、もうお別れかと思うと、
なんか、ビール飲んでてしんみりしてしまいました。
仕事が休めるならば、1ヶ月でも放浪したいとつくづく思いました。
そういうときは連れとのメールですね。
これで幾分寂しさが薄れました。
(9日目に続く)

札幌~ニセコ~函館~森 移動距離365キロ


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
ここは魚屋さんが直に店をやっているので、いい魚がほどよい値段で食べれます。
俺が行った後にTVの取材で、「全国居究極の直営店」北海道代表になったそうです。
「魚御殿」です。

まずは一番人気、スペシャル刺身盛り合わせ(1029円)を頼む。
しかしびっくりしました、思いっきり舟盛りでくるではありませんか!
07_04sakanagoten.jpg

11種類もの刺身が所狭しと並んでいます。
1人でこんだけ食うのは、並大抵やないぞって感じです。
内訳は、ホタテ、甘エビ、つぶ貝、ホッキ貝、サバ、鯛、ハマチ、
サーモン、イカ、子持ち昆布、卵ってな按配です。

これだけで腹いっぱいになりました、二人で食べるのがちょうどいいですね。
写真も1枚じゃ収まりきらず、2枚を合成です。
07_05sakanagoten.jpg

なかでもサバが新鮮でおいしかったです、〆ておらず、こんだけうまいサバは
今まで食べたことのない味でした。

付け出しはつぶ貝の煮たので、最後に締めで、蟹の鉄砲汁(680円)を頼みました。
07_06sakanagoten.jpg

これがまた、身がぎっしりの毛蟹が4分の1パイ使われていて、なかなかのおいしさでした。

ドリンクは生中2杯と焼酎2杯で合計3800円
さすが魚屋の直営店だけあって、その新鮮さ、量の豊富さ、安さ、
どれをとっても申し分ありません。
魚食べるならここがいいですね。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★