一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





さて、今日2件目の温泉である。
ニセコグランドホテルの日帰り入浴(700円)です。

ここを選んだ理由は、なんと言っても、その露天の広さ!
広々とした大庭園露天風呂がとにかく池のように広い。
これぞ、北海道の露天は広いっていう醍醐味を味わせてくれそうだ。

早速、その露天へ直行。
さすがに、大庭園露天を謳うだけのことはある。
09_07nisekograndhotel.jpg

泉質はナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉と鉄鉱泉の二種類。
鉄分を含むため、ちょっと赤褐色を帯びている。
ただ、匂いはあんまし鉄っぽい感じはしなかった。

この大庭園露天は混浴だが、中央に仕切りがあるため、
女性でもその裏に入れば大丈夫である。
それでも恥ずかしいならば、女性専用の露天風呂もきちんとついています。
ですので、俺は1時間ばかり入浴していましたが、
女性の方を見受けたのはお一人、ちょっと年配のご夫婦で入られている方だけでしたね。
ロビーとか休憩室は本当に観光客でごったがえしていたので、
女性はこちらには来ないようですね。
混浴目当ての男性の方、残念でした。

それに、ここの湯温はひじょうにぬるめで俺にはちょうどよかった。
広々とした周りの景色を堪能しながら、ゆっくり浸かる露天風呂。
なーんかいっぱい物思いに耽ることができた時間であった。
体もぽっかぽかである。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
水溶性天然炭酸カルシウム鉱石の神秘「二股ラジウム温泉」・・・
ここは大変珍しい温泉のようで、世界でも類例のない石灰華ドームが存在。
09_02futamatarajium.jpg

これは世界でアメリカのイエローストーン国立公園と、
二股ラジウム温泉の二ヵ所しか見られない貴重なものだそうだ。

もうそう聞いたら、濃い~温泉好きの俺はぜーったい入りたくなりますな(^^)
これまた、かなり山奥に入った秘湯・・・
途中、完全に一車線の山道に入ってきて、幅の広い俺のGTOでは、
対向車が来れば、どうしようかと思ったくらい、ヒヤヒヤしました。

なんとか無事に到着・・・
日帰り入浴に1000円もかかるが、まあ珍しい温泉でもう入る機会はないやろから、入浴・・・
ちょうど着いた時間はまだ朝時間が早く、露天は清掃中でした。

というわけで、内湯から・・・
09_01futamatarajium.jpg

ここはきちんと温度差ごとに浴槽をつくっており、
熱め、ぬるめ、どちらがお好みの方でも楽しめます。
もちろん、俺はぬるめに入浴(^^;)

ホントここは、その温泉の濃さがすごいっす!
もう湯の花が浮きまくり!いかにも体に効きそう・・・
ここで2週間湯治して効果がなければ、費用全額返金とすごいことを
書いていました。そんなに天然ラジウムって効くんでしょうか?

さあ露天が、清掃終わったようなので、そっちに入浴。
露天風呂もやはり二つあって、温度で分けられているようだけど、
それほど温度差はないように感じた。
ただ、眼前には温泉成分の混じった川の水が流れ落ちる滝があったりして、
緑に覆われた山々といい、すべてがマイナスイオンの固まりであるように思う。

これは、すごい温泉です。
1000円出すだけの価値はある、そんな独創的な温泉でした。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
山奥の秘湯って感じの温泉を前日ホテルで検索していると、
ニセコにはいい温泉がいっぱいあるみたいですね。
その中でも山奥に入っていく、「ホテル新見本館」をチョイスしてみました。
日帰り入浴500円です。
全て掛け流しの源泉であるため、否が応でも期待に胸が膨らむ。

館内に入るとどうやら、浴場は2つに別れているようである。
泉質は無色透明の石膏泉です。どちらも同じものだそうだ。

まず第一浴場より攻めてみることにする。
こっちは内湯だけのようですね。
露天を楽しみにしている俺は、ここをそそくさと退散。

続けて第二浴場へ向かうと、内湯の先に露天風呂があります。
内湯は男女別だが、露天は混浴になっている。
全く人のいる気配がなく、俺の貸切状態である。
というわけで写真をぱちり!
08_03nisekonimi.jpg

いやー露天はまさに山奥の秘湯って感じです。
こういう露天はすごくいいですね。
岩風呂になっており、周りの山々の静けさの中で浸かる露天は最高の気分である。
湯の温度も泉源の温度は67℃あるようだが、
この露天は40℃前後でぬるめ好きの俺にはちょうどよい。。

俺が浸かっている途中、年配のご夫婦が入りに来ておられたが、
夫婦揃ってこんな開放感のある風呂に浸かれるの幸せだろうなって思った。

立ち寄り湯としてもあまりにも山奥なんで、みんなここまでは来ないんでしょうね。
俺は土曜お昼12時から1時間ほど滞在していたが、5,6人しか出会いませんでした。
ご夫婦・カップルでゆっくりと露天に浸かりたい方には最適であろう。
また俺は次、北海道来ても、ここに訪れるやろな。
こんだけゆっくりぼーっとできる露天はまずないと思います。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
ホテルのチェックインまで時間があったので、札幌で何をしようか考えていたところ、
定山渓という温泉街があるではありませんか。
そこでいいお湯をネットで検索しました。
すると「ホテル山水」が加温、循環、塩素殺菌をしていないお風呂で、
露天風呂は見える景色が非常によいとのことで、ここに決めました。
定山渓を貫く国道230号線沿いにあります。

まず外観はホテルというより旅館と言ったほうがいいだろう。
中に入り、日帰り入浴だと告げて、500円を支払う。
非常に女性従業員の方が、親切に色々説明してくれました。

温泉の泉質は、低張性中性高温泉、弱食塩泉です。
ここの醍醐味はなんといっても、露天風呂である。
石造りの浴槽は、腰掛ける高さに石が配置されていて、
周りの景色を眺めるのに丁度良い。
定山渓の山々が本当に綺麗でした。

07_02sansui.jpg

そしてここの露天のみ、混浴になっている。
しかし女性専用の露天もあるので、まあ男性専用と思ったほうがよい。
俺が入っていたときも女性の姿は影一つありませんでした。
まあ、カップルで一緒に気持ちよく露天に入りたいなんて時には、
ここは重宝ができそうでしょうな。

評判どおりの湯の質と景色で満足、満足です♪


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
フンベの湯に浸かった後、登別付近では車中泊ができそうもなく、
また健康ランドみたいな施設もないことが分かり、
明日、目的地である札幌を急遽目指すことにしました。
登別のお湯に未練はありますが、朝から走り続けで相当疲労があったので、
宿泊地をなんとかするのが先決です。

そこで札幌の隣の市、恵庭市で健康ランドらしきものを見つけました。
「えにわの湯」です。
到着したのは午後9時過ぎくらいでした。
入浴料は1600円で深夜追加料金が1000円です。
合計2600円と若干高めだが、ゆっくり横になって早く寝たかったので、
ここに決めました。

ここの温泉施設も非常にいいみたいでしたが、それを堪能する余裕がなかったです。
eniwanoyu.jpg

とりあえずそそくさと、頭と体を洗い、昼以来何も食っていないので、
レストランで焼肉丼と生中をいただきました。

そして3階のリクライニングルームへ突入です。
いやーテレビを寝転がりながら見れるってなんて幸せなんだろうって思いです。
さすがに12時間走り疲れてきたので、ニュースを見つつ、死んだように寝てました。
気がついたら朝の5時・・・
リクライニングシートでこんだけ熟睡できたのは初めてであった。
結構スパワールドでもやってるんですけど、なかなか3時間以上熟睡できないですからな。
それだけ疲れていたということでしょう。

時間ぎりぎりまで、リクライニングでうだうだして、8時に出ました。
施設としては豪華な健康ランドですね。
もうちょい値段が安ければなと思います。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★