一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





金曜夜の天満呑み。
天満でなくても、安い酒場はあっちゃこっちゃに出来てきたので、
昔ほどは天満に通い詰めってことはなくなりました。
しかし、やはりこれほど密集している街は他にはないです。
その日も仕事を定時に切り上げて、天満に直行。
同行者の仕事終わり待ちに、先呑みしときましょう。
天満で海鮮食べるならば、絶対ここの旨さがナンバー1やと思っています。
「大安」を訪問しました。

立ち飲み 大安(大阪天満)

その日のおすすめ。
立ち飲み 大安(大阪天満)

ここを先呑みの店に決めたのは、これがあったから。
地鶏生肝が350円!!!
それもまた枠で囲むくらいですから、相当自信の品なんでしょう。
生レバー大好き人間の私がこれは絶対に見逃せない。

まずは、瓶ビールサッポロ赤星(450円)をぐっと。
立ち飲み 大安(大阪天満)

他の天満立ち飲みと比べると、お高めの値段設定のビールなんですけどね。
この赤星ラガーのコクのある味は、非常に好きである。

お目当ての地鶏生肝(350円)。
立ち飲み 大安(大阪天満)

値段安かったので、少なめかと思ったが量たっぷり♪
そして食べてみて、な~んて、ねっとりトロっとした肝なんでしょうか。
ここ大安のネタ質は、非常にいいのは分かっていましたが、
海鮮だけでなく、鶏もすごいですね。
これで350円は相当値打ちもんです。

もう1品頼みましょう。
立ち飲み 大安(大阪天満)

マグロ中落ち巻(300円)です。
大安のマグロが旨いのは以前から承知済み。
中トロなんて700円しますけど、その味はその値段出して納得できるんですね。
この中落ちもたっぷりの量を巻いており、鉄火巻好きの私には大満足。

その日の同行者はまだ来る気配ないのでもう1杯。
立ち飲み 大安(大阪天満)

日本酒もあるんですけど、私にはあまり魅力的ではなく焼酎に。
なんと!「三岳」がですね、350円なんですよ。
この値段なら、絶対「三岳」選ぶでしょ~
客のドリンクオーダーも「三岳」比重が非常に高かったです。

その三岳をロックでいただく。
立ち飲み 大安(大阪天満)

これ水割りやないですよ、きちんとロックです。
この量たっぷりも嬉しいですね。

まだ、その日の同行者から連絡なく、さらにもう一杯、もう一品。
立ち飲み 大安(大阪天満)

鯖の旨さも以前食べて分かってますから、
生サバをお造り(380円)でいただく。
いつもお造り系ならば、日本酒を飲んでいる私ですが、
この鯖の青魚らしい味は芋焼酎でも非常に合います。

ここでようやく、何時到着とのメールがありました。
3杯3品で2000円ちょっと。
これじゃ先のちょい呑みではなく、本気の一人呑みになりましたが、
さすがの大安、大満足の呑みですね~
駅前にあるし、一人飲みしやすい店で、尚かつ旨いですから、
これからも重宝していきます。

住所:大阪市北区天神橋4-11
電話:06-6351-4155
営業時間:16:00~24:00
定休日:日曜・祝日
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ