一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します






ラーメンジャンルの中で、一番好んで食べることが自身多いのは何か?
それは、博多、久留米を代表とする、九州系の豚骨ラーメンですね。
関西には、この系統とは一線を画く、ライト豚骨ってジャンルもあるが、
豚骨臭さ溢れるタイプが好みの私には、物足りな過ぎるんですよ。

そんな関西の中でも関西らしさを一切感じられない、
博多で食べるらしさを味わうにはこの店ですね。
久しぶりに「しぇからしか」東灘店を訪問しました。

しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

かわんないよな~
この昔ながらのラーメン屋風情。
で、店の外まで臭ってくる、とんでもない豚骨臭さ。
絶対、この店の評価は両極端に分かれると思います。
まず、この店の前に来て、その匂いを嗅いで、苦手と思われた方は、
やめておいたほうがええですね。
逆に、私のように、あ~この香しい匂い♪豚骨喰いて~!!!
って思われる方なら、是非とも食べてみるべきですね。

値段は、消費税増税時にあがったかな。
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

基本のラーメンで650円。
それにこの店潔いのは、スープの味は豚骨1種類のみは勿論のことだが、
ライスも置いていないこと。
ラーメンのトッピング以外なんもないんですね。

店内はカウンターのみ。
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

この殺伐とした雰囲気こそ、ラーメン食ってる風情やと思います。

デフォルトのラーメン(650円)のみにしました。
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

麺のかたさ加減は、注文時にちゃんと聞いてくれました。
あやうく、「かため」で言うの忘れるとこやった・・・
博多系の極細麺は絶対かためで言わないと、すぐへなへなになりますからね。

しかし、3年前くらいに食ったのと、スープが違う?
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

醤油色が強くなったように思えるんですよ。

ちなみに3年前に食ったのも写真ありますので、比較のため掲載。
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

違うなって思いませんか?
飲んでみても、うーん・・・こんな味やったかと物足りない。
確かにあっさり豚骨系ではあったが、もっと豚骨のコクがあったように思います。
豚骨の量を減らして、醤油でごまかしているように感じたのは気のせい?

チャーシューは薄いトロトロのタイプ。
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

この九州系チャーシューは大好き。
こちらは昔から変わっていないと思います。

麺はかためにお願いして正解。
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

最初の一口目は「かたっ!」て思えるレベルですが、
食べ進めるごとに、適度なかたさになるんですよね。
さすがの極細麺、これもかわんないな。
店内、他のお客さんはほとんど、替え玉(100円)頼んでいたけど、
うん、もっと食べたくなる麺です。

スープに若干、味の薄さを感じるのでこれ。
しぇからしか 東灘店(神戸JR住吉)豚骨らーめん

卓上にある、紅生姜と胡麻をトッピング。
この味を投入することで、スープにも力が増した感じがしました。
紅生姜と麺の相性も抜群です。

関西では代表となるべき、本場博多豚骨のお店!
ってイメージやったんですけど、スープに今回不満が残りましたね。
ただ、これはここ近年3年間で、
九州で何度か、本場の豚骨らーめん食ってるからかもしれません。
自身の舌が肥えたのか?お店側が変えたのか?・・・謎です。

住所:神戸市東灘区甲南町5-2-12
電話:078-411-4444
営業時間:(月~土)11:00~翌3:00 (日)12:00~22:00
定休日:年中無休
↓お勧めリンク↓

365日九州ラーメン本