一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





北海道産の焼酎「喜多里」・・・
そのお試し350mlのセットを購入しました。
北海道らしい、じゃがいも焼酎。
そして定番の、芋焼酎。
なかなか、北海道らしいさっぱりした味です。

焼酎っていろんな物を原料にしていますね。
中でも一番北海道らしいのはこれではないでしょうか。
今回、本格昆布焼酎 喜多里を紹介いたします。

本格昆布焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

昆布の里として親しまれている北海道南茅部町、
ここの昆布を原料とした焼酎です。

その昆布が5%も入っているのがこちらの魅力。

本格昆布焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

ただ、麦も混ぜているんですね。
本格昆布焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

なかなか、昆布のみやとお酒らしい味が出ないんかな。

飲む前にまず、匂いを確認。
うん、海の香りを感じますね。
飲んでみると、昆布風味がまろやかすっきり。
ただ、まろやか過ぎて、アルコールの苦い感じが目立ちます。

北海道の変り種焼酎と言えば、
紫蘇(しそ)焼酎の「鍛高譚(たんたかたん)」が有名処ですけど、
あまり焼酎を好んでは飲まない私には、こちらが一番好みですね。

↓今回こちらで購入!↓

喜多里4本ギフト
前回、北海道らしい、じゃがいも焼酎を堪能しました。
本格じゃがいも焼酎 喜多里の記事はこちら!

味としては、芋焼酎をさっぱりとさせた感じ。
私としては、もっと甘みが欲しかっただけに、
自身の好みに合うのはこちらかなと、芋焼酎を次にチョイス。
「本格芋焼酎 喜多里」です。

本格芋焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

まあ、芋焼酎の本場は鹿児島県なわけですが、
果たして、北海道産の芋焼酎とは?どんなもんか。
非常に珍しい。

地元産のさつまいもを使用しております。
本格芋焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

北海道での育成は不可能と言われた、さつま芋『黄金千貫』を、
メークイン(じゃがいも)発祥の地とされる北海道厚沢部町で栽培に成功。
北海道産のさつまいもってイメージ湧かないですね(^^;)

アルコール度数は25%です。
本格芋焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

焼酎はこのアルコール度数の高さが魅力的。
少量をロックで飲んでも、ほどよく酔いが回ります。

味はやっぱり、じゃがいも焼酎よりこっちが好みだな。
ただですね、九州産の芋焼酎よりも、
味わいがすっきりし過ぎなんですよ。
アルコールがそのままダイレクトに舌に伝わってきます。

これならば、なんぼでも流通しまくっている、
芋焼酎「黒霧島」の方が好みかな。
次回、では昆布焼酎でも飲んでみましょう(^^)

産地:北海道 札幌酒精
原材料:さつま芋(厚沢部町産)・米麹
アルコール度数:25度
容量:180ml
↓今回こちらで購入!↓

喜多里4本ギフト
私はアルコールはなんでも呑めることは飲めるけれど、
一番苦手はウィスキー。
しかし次に、焼酎もどちらかといえば苦手分野なんですね。
ただ結構、外で飲む機会はあります。
で、焼酎って原材料がいろんなのあるやないですか。
代表的なのは、芋、麦ですけど、
野菜類ならなんでも原料になっているような。
今回お試しにちょっと購入してみたのは、じゃがいも焼酎。
北海道、札幌酒精が出している「喜多里」です。

本格じゃがいも焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

他にも3種類、計4種類がセットで販売されていたんですけど、
まずはこのじゃがいも焼酎の紹介を。

原材料は北海道厚沢部町はメークイン。
本格じゃがいも焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

こちらって、メークイン発祥の地なんですね。
そこで栽培されるメークインを原料に造り上げたじゃがいも焼酎です。

アルコール度数は25度。
本格じゃがいも焼酎 喜多里 25%(北海道 札幌酒精)

この度数では、私はストレートで飲めるほど、強くはないので、
ロックにして氷をたっぷり溶かしてからいただきます。
普段、さつま芋焼酎はよく飲みますから、それとの比較。
香味豊かでマイルドな飲み口が特徴との謳い文句なのだが、
私にはさつま芋の方が甘みがあると思いますね。
すぱっとアルコールの切れを感じます。

じゃがいもの甘みってのは全く分かりませんでした。
私の好みとしては、サツマイモの方が合いますね。
あ、また次回はこちらの芋焼酎をご紹介します。

産地:北海道 札幌酒精
原材料:じゃがいも(厚沢部町産)・米麹
アルコール度数:25度
容量:180ml
↓今回こちらで購入!↓

喜多里4本ギフト