一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





優雅なフェリーの旅を演出してくれます。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)前編はこちら!

21時間も滞在しているとあちこちうろちょろしました。
その後編をこちらで綴ります。

新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)前編

長い旅ですから、風呂も必要ですよね。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

きちんと大浴場もあるんですよ。

サウナもついています。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

お湯は白湯ですけど、窓から海も眺められますし、
非常に気持ちええですよ。
私は風呂好きですから、朝風呂、そして夕方と2回楽しみました。

こちらが後方デッキ。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

気分転換に風に当たりに来るのも気持ちええ。

こちらが、前方のサルーンからの眺め。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

パソコンここに持ち込んで、色々作業してました。
前に突き進む海を見ながらは、作業がはかどります。

もうひとつ、デッキに向かう通路にも椅子置いています。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

コンセントがあるので、ACアダプタ繋いでPCしてる方多かったですね。

中間ポイントでは、逆に北海道に向かう「はまなす」と交差します。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

ずっと何もない海の上で、この船が現れてきたら、なんか不思議な感じ。

あと暇つぶしには、シアタールームがあるんですよ。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

1日2回の上映、もちろん無料で見れます。

こちらで、最初の「幸せの隠れ場所」を見ました。
新日本海フェリー「あかしあ」(北海道小樽~京都舞鶴)後編

これで2時間は暇つぶしになりました。
利用されている方も、乗っている人数にしては多かったと思います。

こんな感じの、21時間の旅。
寝る場所もちゃんとベットに眠れて、7時間は寝たし、
PCもバッテリーなくなれば、デッキに行ってやればええし、
思っていたほどは長くは感じません。
それにこの日は、ほとんど揺れることもなく楽でした。
これからも北海道の旅は往復、この新日本海フェリー使うでしょう。
大好きです♪


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★
この帰りの新日本海フェリーでは、船内の設備を案内しましょう。

先頭部にはフォワードサロンと喫煙コーナーがあり、前方の景色が楽しめる。

ロビー・エントランス付近には、売店や案内所、チルドレンルーム、ゲームコーナー
が周囲に配置されている。
10_01feri.jpg

利用しませんでしたが、ゲーセンです。
10_06feri.jpg

上のフロアには浴室とレストラン、カフェ、グリルがある。
カフェは営業時間外にも開放していて、テレビが放映されていた。
ここにはオープンデッキもあり、昼間くつろぐのに最適です。

浴室はスチームサウナと超音波ジェットがあり銭湯並みといえる設備。
10_02feri.jpg

朝風呂。。。気持ちいいもんです。

その後マッサージルームで100円10分のマッサージやりました。
10_03feri.jpg

でこぼこの上で寝てたので、かなり背中に疲労が溜まってて
気持ちよかったです。

またちょうど10時過ぎに小樽に向かう「あかしあ」とすれ違います。
この広大な日本海で見る船はなんとも感動的です。
10_05feri.jpg

コンベンションルームです。
10_07feri.jpg

このコンベンションルームでは行きは「ラストサムライ」、帰りは「ハリーポッター」と
映画をやっていました、もちろん無料です。

船内レストランの価格表です。
10_08feri.jpg

行きのバイキングで高い、まずい思いをしたので、なんも食べませんでしたが・・・

船の現在の位置を示しています。約55kmの速度ですからかなり速いです。
10_09feri.jpg

20時間で関西と北海道を行き来するんですから、その推力はすごいですし、
またこんだけスピード出してもほとんど揺れないのが感心します。


★楽天トラベルで安く旅が出来ているので、頻繁にあちこち行っています★