一人旅で見つけた、ふとした風景とその記録

全国一人旅の最中に見つけた面白スポット、グルメを紹介します





その日は朝帰り・・・(^^;)
っていうか、年に1回のネットカフェで漫画をむさぼり読む日やったんです。
3つほど連載物で読んでる漫画あるんですけど、
買ってまで読む気しないですし、こうしてまとめ読みするんです。
夜通し読んでいたので、その後はスパワールドで温泉&睡眠三昧。
その前に腹ごしらえしようかとやって来たのがここ。
「餃子の王将」戎橋店です。

餃子の王将 戎橋店(大阪ミナミ難波)天津チャーハン[裏メニュー]

こちら、24時間営業です。
さすが難波ど真ん中にある王将ですね。

1階のカウンター席に陣取る。
餃子の王将 戎橋店(大阪ミナミ難波)天津チャーハン[裏メニュー]

しかし朝4時でもすごい賑わい。
まだまだ宴会中のグループもたくさんいますし、
一人客で始発走り始める朝まで粘るつもりか、居眠りしている方もいます。

こちらのお店、深夜のオリジナルメニュー。
餃子の王将 戎橋店(大阪ミナミ難波)天津チャーハン[裏メニュー]

まず思ったのが高い・・・1000円超えなんて、
王将の定食セットメニューではありえん値段。
それにどれもがラーメンついてるし、
王将のラーメンは絶対頼まない私なので、こちらはスルー。

もうひとつ、全日のオリジナルメニュー。
餃子の王将 戎橋店(大阪ミナミ難波)天津チャーハン[裏メニュー]

ここで気になったのは、天津チャーハン(577円)。
ご飯系が食べたいなと思っていたので、
天津飯と焼き飯の両方の味が楽しめるこちらは魅力的。
ってことで決定♪

出来上がり~
餃子の王将 戎橋店(大阪ミナミ難波)天津チャーハン[裏メニュー]

まあ見た目は天津飯ですね。
あとスープついてきますが、これが味気ない上にぬるい・・・
王将のこういう付属スープ、味気ないのは承知の上だが、
ぬるいのは許せんな。

しかし天津飯、いや天津チャーハンはうまそ~(^^)
餃子の王将 戎橋店(大阪ミナミ難波)天津チャーハン[裏メニュー]

覆われている卵が、すっごく芸術的なんですよ。
とろっと半熟加減を残しつつで、めちゃめちゃ私の好み具合。

そして、中にはチャーハンが詰まっています。
餃子の王将 戎橋店(大阪ミナミ難波)天津チャーハン[裏メニュー]

こちらもパラッと仕上がっており、これまた素晴らしい。
非常に腕がいい方に巡り会えたようで、大当たりです。
焼き飯、トロトロ卵、あんかけと、3つ別々でも美味しいし、
各自組み合わせても絶妙な味。

実はこの天津チャーハン、この店だけのオリジナルやないんですよ。
ついこの間テレビでやってましたが、どの店でも、
メニューにはないが作ってくれって言うと作ってくれるんですって。
餃子の王将の「裏メニュー」・・・
今回はめっちゃ美味しくいただきました♪

住所:大阪市中央区難波1-8-6
電話:06-6213-6626
営業時間:24時間営業
定休日:なし
↓お勧めリンク↓

麻婆丼にも最適♪ とっとき麻婆豆腐


餃子の王将 戎橋店餃子 / 大阪難波駅なんば駅(大阪市営)難波駅(南海)

夜総合点★★★☆☆ 3.0

私が、ミナミで一番旨い料理を出す立ち呑みやと思っています。
何軒か呑んできて、旨いもん食いたいよな~っていう同行者のお言葉で、
となると私の頭にはここしか浮かびませんでしたね。
2人やったし、こちら「丑寅」にお邪魔しました。

立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

こちらのお店、入店は4名までと人数制限があります。
長居無用で、ちょっとルールの厳しいとこもありますけど、
それって立ち飲みの基本として、当然のことなんですよね。
狭い店ですから、譲り合いのマナーを忘れずにってことです。

だって、金曜の夜なんて、22時過ぎてこれですもん。
立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

この混み具合はできるだけ回転させなきゃね。
この日は一番奥のテーブルがたまたま空いていて、そちらに案内されました。

さーて、壁のメニュー。
立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

まあ、立ち飲みとしては値段高いけど、
ここは割烹か?って思えるようなメニューがずらり。
350円、450円メニューが主流です。

ここでは日本酒を♪
立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

可愛い女の子の店員さんに選んでもらいました。
まずは純米吟醸系。
涼と写楽。
両方とも似たタイプなんですけど、微妙に写楽の方が吟醸風味があるような。

で、日本酒にはこれでしょう!!
立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

栗ガニの土佐酢(450円)。
蟹って食い物に合う酒は、絶対に日本酒!!
こうして、美味しいアテと酒に巡り会うとホンマ幸せな気分になります。
味噌の部分なんて美味しいとこ、ほとんど同行者に取られて口惜しい思いを。

焼きズッキーニ(250円)。
立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

そして、ここ焼き物が全部炭火焼きですから、
こういう焼き物系は必ず頼みます。
鶏系の焼き物なんて絶品ですよ♪

さーて、もう1杯、日本酒いきましょうかい。
立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

両方とも辛口純米系。
ちょっと濃厚な和食に合いそうな味わいです。

もう一品食べましょうか。
立ち飲み 丑寅(大阪難波ミナミ)

冬瓜海老あん(350円)。
これ熱いのかなっと思っていたら夏らしくひんやり。
こういうあんかけもんは熱いんが好きやからな~

まあ、これだけのレベルのアテと酒をきちんとした座りの店で食べると、
いったいいくらとられるねんって思えるようなハイレベル。
今回も安くいただかせてもらいました♪

住所:大阪市中央区難波千日前15-19
電話:090-8449-8530
営業時間:[月~金]17:00~23:00 [土]16:00~23:00 [日]16:00~22:00
定休日:祝日不定休
↓お勧めリンク↓

つまみで選ぶ、今夜のうまい店
ミナミでは一番気に入っている立ち飲みです。
日本酒の品ぞろえが豊富なのが、日本酒好きの私にはええ感じなのだが、
それよりなにより、お店の方の愛想のよさがええのが一番♪
今回も4名で突入させていただいたのだが、
気持ちよく出迎えてもらいました。
難波ミナミにあります、「最」(さい)です。

地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

4人でしたので、入り口入ってすぐの左のテーブルに陣取ります。

まず、ここでは無料サービスの付きだしが出ます。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

この日はきゅうりのキューちゃんでした。
ただ、こういうのを無料で出す、そのお店の姿勢が嬉しいです。

まずはその日の日替わり地酒。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

紀土の純米酒、和歌山のお酒です。
純米ながら精米歩合は55%、すっきり感を感じますね。

そして、今回は女性の同行者もおられたのレディースセット。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

この3品に生中ついて、ワンコイン500円。
非常にお得感ありますから、女性の根強い固定客もついています。

えのき茸のおろしポン酢?
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

誰かが頼んだ分なので、価格等不明。

ちょっとええ酒も呑みましょうか。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

磯自慢の純米吟醸。

さすが静岡を代表する酒の純米吟醸!
その香り高さはさすがです。

地元関西を代表する酒。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

奥播磨の純米吟醸の超辛。
さすがに素晴らしい。

そして、ここはアテに、これがええんよな。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

〆さば(300円)です。
ほとんど生に近い鯖なので、私の好みぴったり♪
いつ食べてもめちゃくちゃ旨いです。

日本酒のアテにちびっと食べるにはこんなんもええ。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

煎りぎんなん。
お腹もいっぱいになってきたので、こんなのが適当。

そして、ホタルイカの沖漬け。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

もうちょい日本酒いきましょう!
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

開春 ~石のかんばせ~ 『袋吊り』 純米 生原酒。
島根を代表する酒「開春」ですが、非常に甘みを感じるお酒。
こんなのも出しているんやとびっくり!

ここで、気の大きくなった私も含めた日本酒呑み2人が暴挙に出ます(^^;)
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

十四代の呑み比べセットを注文!!
2000円とバカ値段高いんですよ。
まず、こちらが播州山田錦の大吟醸。
量は1つ60mlくらいでしょうか。

それに、十四代「七垂二十貫」。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

そして、十四代「双虹」(そうこう)です。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

どれもが相当なプレミアがつく酒です。
十四代でも高級部類のこの酒を、3種一度に飲める機会はほぼないでしょう。

まだまだ日本酒呑み2人は、調子よくオーダー。
地酒立ち呑み 最[SAI](大阪難波ミナミ)十四代飲み比べセット

よく飲むな・・・

今回、結構高級なお酒を色々注文し過ぎたので、結構な額いきました。
ただ、ここの日本酒の値段設定はプレミア系を置いているのはええんですが、
立ち飲みであるのと、量を考えるとお値段高めやと思います。
しかし、アテも旨いし、雰囲気もええので、
プレミア酒に目をつけなければ、リーズナブルに飲めますよ♪

住所:大阪市中央区難波千日前14-2
電話:06-6631-3151
営業時間:18:00~23:00(L.O.:22:30)
定休日:土・日・祝日
↓お勧めリンク↓

ひとり呑みのススメ